40代の引きこもり主婦がパートやバイトで働けるようになった方法!

40代の引きこもり主婦だった私がパートやバイトを探し始めました。働くのが怖いと思っていた毎日からどのように脱出したのか?どんな仕事をしたのか?引きこもり主婦の節約や友達作り、一日の過ごし方についてもまとめています。

マックのパートは引きこもりの主婦に向いている?私の体験談

f:id:gonmomoko:20180823124832j:plain

 

マックが主婦のパート採用を強化したとニュースで取り上げられていましたね。なんでも少子化で学生のアルバイトが集まらなくなっていて人手不足に悩まされているんだとか。今後は主婦を数万人採用する計画なんだそう。

 

マックの店舗には子供とよく行きますが、いつもパート募集の垂れ幕がでかでかとかかっています。私の住む地域では時給が900円。悪くないですよね。

 

これからマックの店舗は学生のアルバイトよりも主婦のパートさんが増えていくかもしれませんね。

 

私はそのニュースを見ながら思い出していました。マックで働いていた頃のことを。

 

実は私、マックのパートをやったことあるんです。

 

今、思うとすんごくがんばってましたね。でもあまり長続きしませんでした。またマックでパートをするかと聞かれたら、「しません」と答えますね。即答で(笑)。

 

今回は引きこもり主婦にマックのパートは向いているか?私の体験談も含めながらお伝えしていきます。

 

引きこもり主婦がマックのパートの面接にいった話

 

f:id:gonmomoko:20180809155346j:plain

その頃私は引っ越してきてからずっと引きこもり状態でした。知り合いもいないし近所に子供もいないこの田舎で毎日家にいましたね。

 

まずは新しい生活の基盤を作りたいと思っていたし、子供も知らない土地で入学したばかりだったので、今すぐに働かなくちゃという状況ではなかったんですね。

 

でもたまたま求人雑誌を見ていたら隣町のマックでパートを募集していて。

 

「週に2~3日、1日2時間からOK」とあってしかも時給は900円。他の飲食の求人は750円~800円くらいだったのでマックはちょっと高いですよね。ちょっと働くにはいい条件だったのであまり考えずに電話してみたんです。

 

で、翌日面接に行きました。マネージャーと呼ばれるその男性は30代になったばかりといった感じでしたね。平日の昼間だったのでお店には30代~50代くらいまでの主婦とみられる女性の方が何人か働いていました。

 

私が出した条件は週に3日で10時~13時まで。平日のみで土日祝はお休みしたいというものでしたが即採用。

 

いつからでもいいので来てくださいといわれ、翌週から働き始めました。

 

マックのパートの仕事は引きこもり主婦でもこなせる?

 

f:id:gonmomoko:20180823124952j:plain

仕事はキッチンとカウンター業務に分かれていて私はカウンターで働くことになりました。お客様のオーダーを聞いて入力してドリンクを用意したり、ハンバーガーやポテトをトレイにセットしてお渡しします。

 

お客様が来ない時はフロアーにでてテーブルを拭いたり椅子を整えたり、ゴミ箱がたまっていれば交換もしますしトイレの点検や掃除もします。

 

マックに行ったことのある方は見慣れた風景ですよね。

 

私もカウンターの外からはよく利用していたのでマックの様子はわかっているつもりでした。が、実際に中に入って働くというのはこれほど見方が変わるんだということを思い知ることになります。

 

平日でも昼間の時間は大混雑です。マックは提供まで時間をかけていけないという決まりがあってとにかくスピードと正確さを求められます。

 

また最近ではスマホのクーポンだったり、折り込みチラシのクーポンだったりを利用する人が多いので、その対応も必要になるんですね。

 

オーダーを聞いてドリンクを作ってハンバーガーとポテトを用意して・・・。

 

お客さんは次から次へとやってきて、まだお渡ししていないオーダーがどんどんたまっていきます。

 

シェイクを先に作ってしまって、他の商品が出来上がるまでにドロドロになってしまってお客様にクレームを言われたことも1回や2回ではありませんでしたね。

 

ハンバーガーが上がる時間、ポテトができる時間、ドリンクを作るタイミング・・・。すべてのことを全部頭の中で考えながら、しかも次のお客様の対応をしながら進めていかなければならない。これが一度にいくつもの仕事をこなすことが苦手な私にとってはかなりキツかったです。

 

やり手のパートのおばさまたちは大きい声を掛け合いながら、「ドリンクお願い」とか「ポテト仕上げて」とかやってるんですが、もともとコミュニケーションが苦手な私はその声掛けもままならない状態で、遅い!何しているの!と他のパートさんから怒られお客様にはクレームを入れられ・・・もうね、さんざんでした。

 

それでもマネージャーさんは笑って「最初はみんなこんなんですよ」と言ってくれていたのですが、週に2日で働く時間も短かった私は常に緊張と恐怖でなかなか仕事をこなせるようにはなりませんでした。

 

 マックのパートのシフトはあってないようなもの。

 

f:id:gonmomoko:20180823125130j:plain

マネージャーさんの励ましもあってなんとか3か月は頑張りました。でももうすぐ夏休みになるという頃にシフトを増やしてほしいといわれたんですね。

 

私が働いていたマックのバイトさんは大学生が多かったんですが、夏休みはみんな帰郷するのでバイトがいなくなってしまうだそう。だから週に2日を5日にして、土日も入れるときはパートに入ってほしいということでした。

 

なので夏休みはパートの主婦の方たちもシフトを増やして対応しているんだそう。

 

といっても夏休みということはうちの子供も夏休みです。週に2日以上は働けないということを話すと、とたんに周りのパートさんに態度が一変。風当たりが強くなりました。

 

ただでさえ怒られることが多かったのに、その上冷たい態度を取られるとなるともう私は限界でした。

 

マックのパートで働く主婦はできる人の集まりだった!

 

f:id:gonmomoko:20180823125703j:plain

私が働いていたマックはドライブスルーが併設されていて、カウンター業務の中にドライブスルーの対応がありました。

 

イヤホンとマイクをつけ、ドライブスルーにきたお客様のオーダーを聞きながら入力します。忙しい時間帯ならそれだけしていればいいのですが、平日はその他に商品をそろえる、ドリンクを用意する、時には会計まで担当しなければなりません。

 

用意している間に次のお客さんのオーダーを聞き入力。もうね神ワザです。どうすればできるのかまったくわかりませんでした。

 

でも他のマックのパートの主婦の方はなんなくこなしていて、しかも雑談までしている。てきぱきとしていて頭も切れて、大きな声で指示もできる。マックのパートの主婦の方はそんなスーパー主婦がゴロゴロといるわけです。

 

私はとんだ場違いなパートを選んでしまったなと後悔しましたね。

 

マックのパートは引きこもり主婦に向いているか?のまとめ

 

f:id:gonmomoko:20180817122844j:plain

マックのパートを3か月でやめてしまった私がいえるのは「マックのパートは引きこもり主婦には向いていない」ということです。

 

そもそも引きこもり主婦の特徴のひとつに対人恐怖やコミュニケーション不安があります。私もそうです。

 

大きな声を出すこともてきぱきと動くことも苦手な私は、マックのパートには向いていませんでした。

 

さらにいくつもの作業を一度に正確にスピーディーにこなすという能力が求められる仕事だということも、私には向いていなかったし実際できませんでした。

 

引きこもり状態から脱出して最初に働くのにマックのパートはかなり難易度が高いというのが正直な感想です。

 

hikikomorisyuhu-job.hatenablog.com