40代の引きこもり主婦がパートやバイトで働けるようになった方法!

40代の引きこもり主婦だった私がパートやバイトを探し始めました。働くのが怖いと思っていた毎日からどのように脱出したのか?どんな仕事をしたのか?引きこもり主婦の節約や友達作り、一日の過ごし方についてもまとめています。

片付けができない!引きこもり主婦の過去と今

f:id:gonmomoko:20180707094842j:plain

思い出してみると小さなころから片付けができませんでした。

 

いつも部屋は散らかり放題で、母親からは「ブタ小屋」と呼ばれていましたね。

 

今も鮮明に記憶に残っている片付けできないエピソードがあります。

 

小学校高学年くらいの時はいつも私の学習机の上がプリントだのテストだの教科書だのでお山になっていて、それを何度注意されても片づけなくて・・・というかどうやって片づけたらいいかがわからなくて。

 

そしたらそれにキレた母親が、ベランダから外にすべて投げたんです。私の部屋は2階にあってどしゃぶりの日で庭はぐちゃぐちゃで。それでも全部投げました。

 

ランドセルは壊れるわ、教科書やノートは雨でぐちゃぐちゃになるわ。まあ悲惨でしたね。泣きながら拾ったのを今でもはっきり覚えています。

 

でもね、だからといって片づけられるようにはならないんです。だってどうやって片づけたらいいのかがわからないんですから。

  

結婚したら片づけられるようになったけれど・・・

 

f:id:gonmomoko:20180707095121j:plain

 

そんな私も無事お嫁に行くことができて、新居は新築の賃貸。3LDKの広い間取りで各部屋には十分な収納が付いていました。持っている物の量<収納スペースでしたので、特に意識しなくても部屋はいつも片付いた状態でしたね。

 

なーんだ、私片づけられるんじゃん♪くらいに思ってましたから(笑)

 

でもその状態は長くは続きませんでした。子供が生まれて物が増え始めると各部屋にあった十分な収納スペースはパンパン。子供は3人欲しかったので、着れなくなった服も使わなくなったベビーバスもなにひとつ手放すことができません。

 

そんなんで3LDKのうちのひと部屋が足の踏み場もない状態になってしまって。もうね倉庫ですね。部屋の奥までたどり着けないから換気もできなくて。

 

倉庫以外の部屋も床にはものがいっぱい。掃除機をかけるにはものをどけなければならないので、掃除をするのもひと苦労。はいはいを始めた子供がほこりをいっぱいつけて戻ってきたときには落ち込みましたね。

 

もうね、モップ状態(汗)

 

片付けができない引きこもり主婦は家族関係に亀裂が入る?

 

f:id:gonmomoko:20180707095201j:plain

子供がふたりになってますます家の中は散らかり放題。私は専業主婦だったので時間があるはずなのに、片づけ始めると余計に部屋の中が散らかって収集がつかなくなってしまって。

 

3人目は考えていたけど歳の近い2人の子育てに追われていて、ちょっと落ち着いたらまた考えようって感じだったので、ものは捨てられないしものは増えるし。

 

もともとキレイ好きな旦那さん、この状態に耐えられなかったんでしょうね。家にいると不機嫌になることが増えました。「疲れて帰ってきても家の中がぐちゃぐちゃで全然休まらない」なんてチクチクいうようになって。

 

こっちも子育てや家事(最低限ですが)に追われて余裕がないもんですから逆ギレ。どんどんいやーな雰囲気になっていきましたね。

 

引っ越しを機にものを減らしたけれど・・・

f:id:gonmomoko:20180707095355j:plain

 

そんな時に引っ越し話が持ち上がりました。上の子の小学校入学を機に実家の近くに引っ越すことになって。家は新築しました。

 

どうせならいらないものはぜーんぶ捨てていこうってことになって、結婚してから一度も使ってないスキーの道具やウェイクボード、今後使わなくなりそうな家具など、かなりの量を捨てましたね。

 

でも結婚してから8年のうちにたまったものは簡単には減りません。特に思い出の品とかは判別が難しくて思考が停止してしまうので、ほぼ手を付けない状態で新築に持ってきてしまいました。

 

引きこもり主婦が引っ越ししたら新築した家は片付けができている?

f:id:gonmomoko:20180628153615j:plain

 

新築した家は一般的な家庭よりもちょっと大きめです。今まで住んでいた賃貸よりもさらに収納スペースを増やしました。

 

やはり持ち込んだもの<収納スペースの状態の時は片付いていましたね。

 

子供たちはそれぞれ自分の部屋があるので、子供のものがリビングに散らかることもなくなりましたし。

 

でもやっぱりしばらくするとまた賃貸の時のような状態に逆戻り。

 

引きこもり主婦で片付けが苦手なのは発達障害だから?

 

「片づけられない女たち」という本をご存知でしょうか?

 

これは私が発達障害のことを知るために読んだ本です。その業界ではかなり知名度の高い本で、片付けができなくて長年悩んでいた原因が発達障害だったとわかった女性の特徴や生活の工夫について詳しく書かれています。

 

発達障害といってもいろいろな特性がありますが、主に多動衝動型のADHDや自閉症型のASDに片づけられないという特徴がみられるんだとか。

 

これは生まれつきの脳の機能異常から起こるものなので、努力すれば・・・とか頑張れば・・・といったことでは解決できません。

 

うちのように家が散らかりすぎて家族の生活に支障がでてしまうレベルになると、やはり何らかの特性が隠れていると考えてもいいかもしれません。

 

引きこもり主婦で特性のある私でもできた片付けとは?

 

f:id:gonmomoko:20180623162643j:plain

ビフォーアフターの写真を載せたらわかりやすいかなっとも思ったのですが、わが子の将来のためにやめときます(笑)

 

家族関係に支障がでてしまった私は真剣に片づけについて考えます。今まで数々の片付け本や片付けブログ、サイト、さまざまな情報を頭に入れてきました。が、3日と続かず。

 

そんな私でも実践できた片付け本があるのでご紹介しますね。

 

それはごんおばちゃまの「あした死んでもいい30分片付け」という本です。

 


 

 

文字も大きく(重要なポイントです)内容も簡単で私に合っていたのでしょうね。1日にたったの30分を繰り返すだけ。場所ごとに片付けの方法とポイントが詳しくのっています。

 

まずはシューズクロークから始めます。迷ったものはそのままにしておく。無理に捨てないでいいのでスムーズに進みました。片づけるのではなくいらないものを抜いていく。ひたすら抜きます。物を移動したりしません。そして30分たったらスパッとやめます。

 

シューズクローク→リビング→キッチン→洗面所まで片付けることができました。また押入れや洋服、思い出の品や子供のものなど判断に時間がかかるものが残ってはいますが、ここまで片付けることができたのは久しぶりです♪

 

家族が集うスペースがキレイに整っているのは気持ちのいいものですよね。主人のイライラもなくなりました。

 

片付けができない引きこもり主婦は自分に合った片付け方法を見つけよう!

 

今までも断捨離やときめきなどなど、流行のものに飛びついては挫折してきた片付け。うまくできなかったのはその方法が自分には合っていなかったってことだったのかなって。まあ子供の年齢や自分の体調などもあるかもしれませんが。でも自分に合った方法って必ずありますよ!

 

とりあえず今はあした死んでも大丈夫かなってくらいには片付きました(笑)。