40代の引きこもり主婦がパートやバイトで働けるようになった方法!

40代の引きこもり主婦だった私がパートやバイトを探し始めました。働くのが怖いと思っていた毎日からどのように脱出したのか?どんな仕事をしたのか?引きこもり主婦の節約や友達作り、一日の過ごし方についてもまとめています。

50代のひきこもり主婦が孤独を感じやすいのには理由があった?!

50代の引きこもり主婦は孤独を感じることが増えるんだそう。

 

 

私も引きこもり主婦として過ごしていますが、無性にさみしくなることがあるんですよね。

 

 

このままずっと引きこもっていて友達もいなくて歳をとっていく・・・なんて考えるとさみしさがこみあげてきます。それになんだか焦ってしまう。

 

 

40代の今から心の準備とさみしさ対策をしておく必要性をひしひしと感じます。

 

 

50代の主婦はどんな時にさみしさを感じる?

  

f:id:gonmomoko:20180524112125j:plain

 

孤独を感じるのに年齢は関係ないのかもしれないですが、50代なら人生も折り返し地点。さらに更年期に突入してさまざまな不調がやってきます。

 

 

体調が悪いと家事もはかどらないし、この先どんどんこんな風にできないことが増えていくんじゃないかと不安になってしまう。そんなことが40代に比べて格段に増えてくるのでしょうね。

 

 

また子供にも手がかからなくなって、今まで子育て中心だった主婦の方は心にぽっかりと空いた穴を埋められないで悩んでしまうこともあります。これを「空の巣症候群」なんて呼びます。

 

 

夫婦の関係がよければいいのでしょうが、子供のいない家で夫と話すこともなく過ぎていく毎日は、想像しただけでも空虚感がただよいます。

 

 

もう自分は誰からも必要とされていないんだ・・・なんて感じてしまい、うつ病になってしまう主婦の方も少なくないんだそう。

 

 

私のまわりでも、最近顔見ないなって思っていた知り合いが、実はうつ病で通院していたなんて話を聞くのも珍しくなくなってきました。

 

 

今まで自分のことなんて後回しにして子供のお世話と家庭のことをやってきたのに、今度は「お母さん、なにか趣味見つけなよ」とか「一日中家でぼーっとしてるとボケるよ」なんて心無い言葉を投げかけられると、今までの苦労が報われないようなさみしい気持ちになってしまいますよね。

 

 

50代のひきこもり主婦が孤独を感じた時は?

 

f:id:gonmomoko:20180627133808j:plain

子供が巣立つことは喜ばしいことなのに、自分にはなにもないと不安になってさみしさにどっぷりと浸かっているなんてもったいないです!

 

 

この先、自分の体も歳をとっていけばできることは限られてきますよね?だからこそ、自分のために時間を使えるようになったんだと受け止めて、自分のために時間を使いましょう。

 

 

そんなこといっても友達づきあいもしてこなかったし、習い事やコミュニティーがあるわけじゃないって方も多いでしょう。急に友達に連絡取るのもめんどくさいし・・・。疲れそう。

 

 

わかります!わかります!私もそうだったので。

 

 

この歳になって新しい人間関係はわずらわしいって思う人だっていますよね。もちろんいきなり人に会わなくても、やりたいと思っていたことやなかなかできなかったことをはじめてみることでも十分です。

 

 

家の中を片付ける

 

これは私が今取り組み始めたことです。子供が高校になったタイミングで中学時代までのものはほぼ捨てています。今までは捨てられずにとっておいた教科書やノート、参考書、いつか読もうと思っていた本などなど。子供のもので占領されていた空間をすっきりとして、子供が一人暮らしをしたら自分の趣味部屋にしようと計画中です。

 

 

とはいっても子供も独身のうちは頻繁に家に帰ってくると思うので、いつでも寝られるようなスペースはそのままにしておこうとおもっていますが。

 

 

習い事をはじめてみる

 

f:id:gonmomoko:20180627133511j:plain



ずっと料理を習いたいと思っていたんです。でもわざわざお金を払ってまで習う必要があるのか?という気持ちもあって、なかなか踏み切れずにいました。でもこれから先も主婦である以上は料理をしていかなければならないですよね。

 

歳をとると食べられるものにも変化がでてくるし、カロリーや塩分も気になり始めます。低カロリーで薄味でもおいしい料理を身に着けることができたら、老後の食事も楽しめそうですよね。

 

またヘアメイクやパーソナルカラーもやってみたいと思っていたことのひとつです。ヘアメイクって年齢がでますよね。それにヘアメイクが年相応だときれいに見えます。自己流だと若いころのままのメイクできてしまっていて、周りから見ると痛いおばさんになってしまっている人もいます(笑)

 

髪も生活感がでますしだんだんと地肌がきになる年代ですよね。ヘアをきれいにしておくことは若々しくみられるためには外せません。

 

 

運動をはじめてみる

 

f:id:gonmomoko:20180627133620j:plain

えっと、最近運動したのっていつくらい?って思い出せないようなら危険です。足腰は使っていないとどんどん衰えます。かといって家事はかなり動いているようでも、使っているのは一部なので全身運動にはなりません。

 

いつまでも自分の足で歩けるように運動をはじめませんか?スポーツジムに行くにはお金も時間もかかりますし、洋服や髪の毛など見た目にも気を使いますよね?そんな面倒なことは続きませんから、まずは近所を歩くことから。慣れてきたら市町村で運営しているジムやプールに足を運んでみましょう。

 

 

うちの近所にある市営の室内プールは1回200円で温水なので一年中使えます。意外とすいているし、ひとりできている女性も多いので気もつかいません。また隣接されているジムも希望すれば200円でトレーナーがついて教えてくれます。

 

こちらも基本ガラガラです。せっかく税金を納めているのですから、こういった使える施設をチェックして体力づくりに役立てたいです。

 

 

まとめ

 

 

f:id:gonmomoko:20180627133640j:plain

家の中でひとりでさみしさを感じていると、落とし穴に落ちたようにどんどん気持ちも沈んでいってしまいます。

 

 

私は人づきあいも苦手だし外に出ることも好きではありませんでしたが、ひきこもりの自分の気分の落ち込みに危機感を感じ勇気をだして外に出てみました。

 

 

最初は疲れましたね。慣れないことをするので。でもだんだんと続けていくとやがてそれは習慣になって、新しいコミュニティーが生まれたりするということもわかりました。

 

 

すごく親しい友人をわざわざ作る必要はないけれど、家庭以外にも自分の居場所みたいな、行きたいと思える場所があることは心強いです。

 

 

あなたも始めてみませんか?