40代の引きこもり主婦がパートやバイトで働けるようになった方法!

40代の引きこもり主婦だった私がパートやバイトを探し始めました。働くのが怖いと思っていた毎日からどのように脱出したのか?どんな仕事をしたのか?引きこもり主婦の節約や友達作り、一日の過ごし方についてもまとめています。

引きこもり主婦だった私がこれからの働き方を考えてみた

f:id:gonmomoko:20180524112521j:plain


引きこもり主婦をしていましたが、そろそろ働かなければならない状況になってきました。

 

 

今まで転職を繰り返してきた過去があるので、できればこれから始める仕事はなるべく長く続けたい。ちょっと真剣にこれからできることを考えてみたんですね。

 

 

仕事はそこそここなせます。むしろのみ込みはいい方だと思うし努力もします。でもね、いつも人間関係でつまづいてしまうんです。周りは気づいてないんですよね、私の生きづらさやストレスを。自分だけが抱え込んで自滅する・・・毎回そんな繰り返しでした。

 

 

だからこれから仕事を始めようと思った時にとても怖くなってしまって。過去を振り返ってみて自分には何ができるんだろう、どんな仕事だったら続けることができるんだろうと、ちょっと時間をかけて考えてみることにしました。

 

  

引きこもり主婦だった私が仕事を続けるためには?

 

 

障害者の雇用枠を利用する

 

f:id:gonmomoko:20180605005156j:plain

 

実は私、障害認定は受けていません。まわりが気づくほどの特性の強いアスペルガーではないので、まあグレーゾーンなんですよね。きっとなんらかの特性は見つかるかもしれないけれど、診断が下るほどではないと感じています。

 

 

これだと障害者手帳はもらえないし、障害者枠で就職することもできません。メリットを感じないから特性はあるけれどこの先診断を受けることはないと思っています。

 

 

それに私の場合は正社員として働くほどの体力もなく、子育てとハードな仕事を両立することは不可能なので、この先も毎日8時間働くという選択はありません。週に何度か短時間で子供の学費の足しになればいいなくらいの働き方を希望しています。

 

 

でももしあなたが生活のためなり自分の将来のために、長く働く職場を探しているのなら障害者枠で就職するという選択もあります。もちろんそれには障害認定を受けていることが前提になりますが、障害者枠での就職はさまざまな配慮を受けることができるので、普通に就職するよりも職場に適応しやすくなります。

 

 

ダメ元でカミングアウトしてみる

 

f:id:gonmomoko:20180529002409j:plain

 

 ただ障害者枠雇用だと給料がかなり下がります。それだと思っていたような収入が得られないということもありますよね。また障害認定されないグレーゾーンの場合、障害者雇用が適用されるのは難しいです。

 

 

それならば人間関係を築くのが難しいことや、一度にいくつもの仕事をこなすことができない特性があるということを、思い切って職場にカミングアウトしてみてはどうでしょうか?

 

 

もちろんとても勇気が必要なことですよね?プライドが邪魔してできないってこともあるかもしれません。でも今までがそうだったように、特性によって仕事が長続きしないのであれば、また同じことの繰り返しになってしまいます。

 

 

例えば隠れアスペルガーであるということは伝えなくても、コミュニケーションが苦手であること、こういった作業は難しいなどと自分にはなにができなくてどんなことに困難を感じているのか伝えるだけでも何らかの配慮を受けられることがあります。

 

 

気を付けたいのは「できません、だからやりません」ではなく、努力する姿勢を見せることですね。またできないことが多い分、得意なことをさらに勉強して仕事に生かせるようになれば、「こっちはダメだけどこれは頼めるからまあいっか」という大目に見てもらえることも増えるかもしれません。

 

 

外で働くことはあきらめて在宅で働く

 

f:id:gonmomoko:20180531164124j:plain

 

 今は在宅ワークでデータ入力などの仕事をこなしている私ですが、この仕事に落ち着くまではたくさんの面接を受けて、短期ですがいくつかパートで働いたこともあります。

 

 

希望していたのは事務職でしたが、面接で落ちまくり・・・配達や飲食店、コンビニや農業などのパートをしていました。

 

 

中にはコミュニケーションを必要としない自分に合っている職種もあったのですが、長く続けていくにはあまりにも私の体力がありませんでした。

 

 

それにもう新しい職場で1から・・・というのがしんどくて。そんな私がたどりついた働き方が在宅ワークだったんです。

 

 

在宅ワークにはデータ入力や記事を書くライターなどいろいろな仕事があります。パソコンがあれば初心者でも取り組めるものが多いです。最初は単価も低く時間ばかりかかっても月に1万円なんて感じでしたが、徐々に単価もアップして継続してお仕事をもらえるようになって、今では外にパートに出ていたころと同じくらいの収入を得ることができています。

 

 

hikikomorisyuhu-job.hatenablog.com

まとめ

 

リモートワークという働き方が増えてきました。出社しなくて自宅で仕事ができるというのはとても魅力的ですよね。でもまだまだ現実的には正社員としてリモートワークで働けている人は、デザインやプログラマーなど能力の高い人が中心です。

 

 

このようなリモートワークをしている正社員のような収入は得られないけれど、パソコン初心者の主婦向けの在宅ワークも増えてきました。隠れアスペルガーで引きこもりの主婦の方が取り組むにはもってこいの働き方だと感じています。

 

 

実際に私もストレスなく働けて収入を得ることができているので。もし外で働くのが難しいのなら試しにはじめてみてはいかがでしょうか?