40代の引きこもり主婦がパートやバイトで働けるようになった方法!

40代の引きこもり主婦だった私がパートやバイトを探し始めました。働くのが怖いと思っていた毎日からどのように脱出したのか?どんな仕事をしたのか?引きこもり主婦の節約や友達作り、一日の過ごし方についてもまとめています。

生理前のイライラがひどいならPMDDかも?引きこもりを悪化させるその症状とは?

f:id:gonmomoko:20180524112125j:plain

生理前になるとイライラがひどくなります。いつもだったら気にならないようなことにカッとすることもあるし、とても悲しくなってしまって落ち込むこともあります。

 

 

いろいろなことが重なってダメージを受けている時はさらに症状はひどくなり、「どうして私はこんなんなんだろう・・・」と自分を責め続けたことも。

 

 

ずっと悩んでいたんですよね。どうしてこんなにできないことだらけなんだろうって。でもPMDDを知って納得しました!

 

 

PMDD(生理前不快気分障害)とは?どんな症状が起こる?

 

f:id:gonmomoko:20180524112409j:plain

 

生理前になるとイライラしたり頭痛が起こる・・・。このような体調不良をPMS(生理前症候群)といいますね。

 

 

私もずっとこのような生理前の不調に悩んでいたのですが、このPMSが認知されるようになって「私だけじゃないんだ」と安心したのを覚えています。

 

 

だいたい生理が始まるとすぐ不快な症状が治まることが多いのですが、中には精神ダメージも同時に起こってしまう方がいます。

 

 

ワケもなく不安になったり涙がとまらなくなる。絶望感が押し寄せてきて消えてしまいたくなる。最悪の場合、死をも考えてしまうほど心の状態がひどく悪化して、日常生活に支障をきたす症状をPMDD(生理前不快気分障害)と呼びます。

 

 

PMSの症状のひとつと考えられていて、人間関係や社会生活にも影響してしまうことがあります。

 

 

生理前は外に出たくない、人に会いたくない、何もしたくない・・・イライラが止まらない、攻撃的になって爆発してしまう。自分を自分でコントロールできないと感じるのならPMDDかもしれません。

 

 

そしてこのPMDDは引きこもりを悪化させてしまう原因になります。

 

 

生理前のPMDD(生理前不快気分障害)はこうやって乗り切る!

 

f:id:gonmomoko:20180524112521j:plain

 

女性は毎月の生理や初潮、妊娠、出産、閉経、更年期など人生のさまざまなタイミングでホルモンバランスの影響を受けます。

 

 

特に生理は毎月のことなので、PMSPMDDも毎月やってくることになります。この時期はどんなにがんばってもどのみち大変なんですね。閉経までだと思うとながーいおつきあいになりますね。

 

 

一般的にはピルや漢方で症状を軽減する方法がとられることが多いのですが、私は薬に抵抗があるんです。最終的には選択に入れていかなければならないかもしれないけれど、まずは自分でできることからやってみようと思って。

 

 

すっきりと症状がなくなることはないけれど、かなり過ごしやすくなりましたね。私がPMDDを乗り切るために心がけていることです。

 

 

予定を入れない

 

少しでも刺激とストレスを減らすために、この時期はできるだけ予定を入れないようにしています。できる限り楽な生活ができるように環境を整えておくことはとても効果的だと感じています。

 

 

判断力も鈍っているので銀行や支払いもこの時期には行いません。

 

 

学校行事が入ってしまった時はさすがに行きますが、人と話さなくていいように早めに切り上げたり、授業参観には出るけど懇談会は欠席するなどの工夫をしています。

 

 

人に会わない

 

 

もともと人づきあいが苦手なのですが、この時期は気分の落ち込みもあって人とうまく話す自信がありません。

 

 

たまにしか話さないのに反応が悪かったら相手にも失礼だし感じ悪いですよね?なのでこの時期は極力人と会うことは避けます。

 

 

家に人が来るのもキツイ時があるので、子供にも「お友達と遊ぶなら外でね」とお願いしています。

 

 

家事を頑張らない

 

 

隠れアスペルガーという特性のある私はもともと家事が得意ではありません。さらにこの時期はだるさや頭痛などの体調不良で一日中動けないこともあります。

 

 

なのではじめから家事は頑張らないことに決めています。普段通りに過ごすことはまず無理だし、頑張ることでイライラしたり家族にあたってしまったりするのでは逆効果ですよね。

 

 

最低限のお洗濯と片付けはしますが掃除はしません。料理もなるべく簡単なもの、火を使わないもの、洗い物を出さないものにします。お惣菜やお弁当に頼ることもあるし、少しの時間なら外出して外食にしてしまうこともあります。

 

 

家族に伝えておく

 

 

f:id:gonmomoko:20180524112624j:plain

一日中家にいるのに夕食がお惣菜やお弁当だと家族からクレームがあっても仕方ないですよね。ですがきちんとやることは難しいので、あらかじめ家族には伝えておきます。そうしないとただの怠けだととられてしまいこっちも悲しくなるし、家庭の雰囲気も悪くなるので。

 

 

最近では「あーまたママのダメな週ね」なんて認識してくれているようです。

 

 

PMDD(生理前不快気分障害)は引きこもりを悪化させる?!

 

f:id:gonmomoko:20180524112700j:plain

 

PMDDの時期は頑張ろうと思ってもできないことだらけ。人に会うのが億劫になったり、仕事に行けなくなったり・・・。

 

 

PMSだけでも頭痛や腹痛、倦怠感など体もしんどいのに、さらに精神的ダメージが重なると外に出れなくなってしまうこともあります。

 

 

最近急増している主婦の引きこもりも、このPMDDがきっかけになったという方も少なくないんだそう。

 

 

PMDDが悪化しやすい女性は、まじめでおとなしい人が多いとも言われています。体調が悪いけど無理をしてしまう、周りに甘えることができない、できない自分を責める。そんなことを繰り返すうちに外に出ることができなくなってしまうんですね。

 

 

PMDDを把握するために私が活用しているオススメアプリはコレ!

 

 

もともと生理不順だった私は、毎回いつ生理が来るのか予測することが難しくて、PMDDが始まってしまってから慌てて対応するという感じでした。

 

 

PMDDの症状の出方や強さ、期間などは人それぞれで、生理前2週間くらいから不調が出始めて生理が始まると治まるという人もいれば、生理前1週間くらいから不調になって、生理が始まってもしばらく症状が続くという人もいます。また生理開始時期の2~3日に集中しているという場合も。

 

 

私の場合は、生理前の3日くらいから不調を感じ始めて、生理開始から3日くらいは症状が改善しません。せめて次回の生理がいつ始まるのか予測できればいいな~と思い、使い始めたのが「ルナルナ」というアプリです。

 

f:id:gonmomoko:20180524113026p:plain

 

ルナルナは生理周期や生理日予測ができるスマホアプリです。基本的な機能は無料で使えます。1200万もダウンロードされている生理日管理NO1の人気アプリです。

 

 

生理日が来たら入力をするとそのデータによって今がどんな時期なのか、どんなことに気をつけたらいいのかというアドバイスを見ることができます。

 

 

また生理周期を管理してくれるので、次回の生理まであと何日あるのかということもひと目でわかります。

 

f:id:gonmomoko:20180524113050p:plain

 

このアプリを知る前は、自分で生理周期を計算していたこともありましたが、まぁ面倒だし数え方が合っているのかも微妙だし。続きませんでしたね。

 

 

そしてこのアプリを使うようになってからわかったことがあります。

 

 

私は生理不順だから決まった周期で生理がこないんだと思っていました。でも実際に生理周期をアプリで管理するようになったら、実は短い周期と長い周期が交互になっていることがわかったんです。これにはびっくりでしたね。

 

 

周期としては28日~42日なのですが29日周期の次は41日周期といった感じです。なのではっきりではないですがだいたいの生理日予測ができるようになりました。

 

 

そうすると次回の生理日に合わせて予定を立てることができるので、外出や大事な予定が不調に重なることが減りストレスも軽減しました。

 

 

まとめ

 

f:id:gonmomoko:20180515214603j:plain

 

女性は月の満ち欠けに例えられるように、ホルモンバランスによって不安定になりやすい性質があります。

 

 

PMDDは放置すると症状が悪化して仕事が続けられなくなったり、引きこもりが悪化してしまうこともあります。

 

  

まわりには子育てや家事もこなしながらバリバリに仕事をしているママたちがいます。そんなできる人たちと自分を比べては落ち込み、引きこもる毎日でしたね。

 

 

たかが生理でどうしてこんなに不安定になるのかわからなかったし、自分の怠けだと悩んでばかりで。

 

 

でもね、いくら比べたってできるようにはなりません。それよりも自分ときちんと向き合って自分と家族が心地よく過ごせることが大切なのだと思うように。

 

 

閉経までまだまだ生理とは長い付き合いになります。がんばってもダメな時期なんだと覚悟して、自分の過ごしやすい環境を整えることでかなり過ごしやすくなりましたよ。